ISO関連セミナー

ISO9001とは


ISO9001は品質管理体制を規定するためのマネジメントシステム規格です。規格全体を通して、顧客が要求している・満足する製品(サービス業の場合はサービスの質)を作る(提供する)システムを会社の仕組みとして運用することを求めています。つまり顧客第一主義を求めているわけです。このような特徴から、ISO9001は≒経営システムとも言われており、品質やサービスの向上を図りたい企業、社内ルールや標準化など仕組みを見直したい企業、また定着させたい企業などの経営ツールとして業種や会社の規模にかかわらず幅広く活用されています。

支援の方針・特徴


当たり前のことですが、ISOは取得することがゴールではなく、取得してからがスタートになります。取得目的のISOでは取得と同時にゴールをしてしまいその後の効果は得られません。ISO9001は経営者(会社)の目的に合ったシステム構築をし、運用することによってはじめて経営ツールとしてその効果を発揮します。弊社では最初の段階から経営者の目的や抱える問題を明確にし、業務改善や問題解決を図るなどの活動の重点とすることで、目的にあったISO9001の構築、認証取得をお手伝いしています。

認証取得の流れ・標準日程


取得のメリット/直近の動向


(1)顧客の観点に立ったシステムづくりの実現

顧客満足の観点から、顧客の要求(何が期待されているのか、品質はどこまで約束するのか)を明確にし、それに対応したシステムを(手順や責任者の明確化)構築、維持、改善してゆく仕組みが構築されます。

(2)PDCAマネジメントサイクルの確立

ISO9001ではPlan→Do→Check→Actionのシステムが構築されることがねらいとされています。「何に基づいて実施しているか」「決められたことがなされているか」「是正・改善処置がされているか」など、実践が求められています。

(3)社員の意識向上

ISO9001はトップダウンの仕組みとも言われています。社長或いは経営層が、会社をどうしていきたいのかといった明確なビジョン・計画・方針のもと経営がされ、これらが確実に有効に動いているかの確認が求められます(マネジメントレビュー)。ISO9001を浸透させることで、会社のルール、考え方を社員に浸透させます。

(4)経営資源の有効活用(社員の教育訓練の強化)

よい製品、サービスを提供する為に、社員の教育や訓練が求められています。業務の内容や訓練の仕組みを整理することでより確実にスタッフを養成することができます。

(5)コミュニケーションの重視による組織力の強化

ISO9001はコミュニケーションを重視しています。社内で必要な情報が必要な人まで伝達されているか、お客様の要望は入手されているか、供給者には必要な情報がいきわたっているかなど、コミュニケーションを見直すことによって、部門間の連携強化、業務のシステム化や効率化、不良品の低減などが図れます。

コンサルティング実績


株式会社テクノネット様、ベントム工業株式会社様、株式会社ティーアールシィー高田様、株式会社ウェルテック伸栄様、中根製茶株式会社様、有限会社沢井工業様、日本モウルド工業株式会社様、三盛茶製造株式会社様、株式会社 シック様、株式会社大浜製作所様、新成化成株式会社様、有限会社M&Kプレシジョン様、株式会社テクノエレベーター様、株式会社啓電工業所様、相羽工業有限会社様、株式会社セイトウ様、有限会社藤原樹脂様、株式会社シンエイ様、有限会社タナカ製作様、マルク運輸株式会社様、株式会社フジメタル様、愛知東農業協同組合蒟蒻工場様、ヤマニ工業様、株式会社アステック様、東海部品工業株式会社様、有限会社三ッ安製作所様、有限会社石岡プラスチック様、株式会社スタンダードエイジェンシー 様、株式会社サンケミカル様、有限会社ムラキ技研様、有限会社小出鉄工所様、株式会社伊熊鉄工所様、株式会社笠子流通様、磯部精工有限会社様、株式会社丸佐大庭鉄工所様、有限会社鈴六鉄工所様、浜北電機株式会社様、有限会社兼子鉄工所様、株式会社榑松組様、株式会社オキソ様、笠間発條株式会社様、みたか工業株式会社様、曽根工業株式会社様、株式会社共立高周波様、株式会社村田建設様、医療法人社団和恵会 和恵会記念病院 様、株式会社エム・ケー・マエダ家具様、豊田建設工業株式会社様、株式会社小出製作所様、城南電機工業株式会社様、天龍木材株式会社様、